猫もなる肺炎

  1. /
  2. /
  3. 猫もなる肺炎

猫の肺炎の症状は?

肺炎はその名の通り、肺が炎症を起こして正常な呼吸ができない状態です。
肺炎の原因はウイルスや細菌などによる感染、寄生虫、食べたものを気管に飲み込むなど、さまざまです。

感染症による肺炎の場合、猫カリシウイルスやパスツレラ菌、ヘルペスウイルス、カビなど。
寄生虫では肺吸虫やフィラリアなどが知られています。
また、加齢に伴って飲み込む機能が衰え、食べ物が気管から肺に入ってそれが炎症を起こるケースも。
このほかにも、ハウスダストなどアレルギー性物質や有毒ガスの吸引、薬の副作用などが原因で発症するケースもみられます。

このように肺炎の原因はさまざまですが、その症状は咳が出る、嘔吐、発熱、食欲不振、くしゃみ、鼻水が出るなどが一般的です。
肺炎の症状が進むと呼吸ができなくなって死亡することもあるので、一刻も早くお医者さんに診てもらいましょう。

肺炎の治療法は?

肺炎ではまず、現在現れている症状を緩和するための治療が行われます。
呼吸困難を起こしていますから酸素吸入や薬剤を吸わせるなどして呼吸を確保し、さらに咳を抑える薬や気管支を広げる薬が処方されることもあります。
重症の場合は入院となり、酸素室に入る、治療機器によって気道を確保するなど必要な処置も必要です。
また、誤飲が原因の場合は、インターフェロンやステロイドによって二次感染など、ほかの症状が出ないように必要な薬が使われるケースが一般的です。

肺炎は体への負担がとても大きいので、なるべく安静にして体力を使わせないようにしましょう。
特に幼い猫ちゃんや高齢の猫ちゃんの場合は抵抗力があまりありませんから、注意深く看病する必要があります。

人間でも肺炎で死亡するケースは少なくありません。
小さな猫の場合は、なおさらです。
猫の肺炎は完治が難しく、予後の状態もあまり芳しくない場合が多いのです。
いったん症状が治まっても、再発するケースもよく見られます。

肺炎になると息ができなくなるので、とても苦しんでしまい、見ている飼い主さんもとてもつらい病気です。
呼吸困難で苦しみながら死んでいく猫ちゃんも多いので、できれば酸素室に入れるなどしてなるべく苦しまない方法をとることをおすすめします。

猫が肺炎を起こしたら、死ぬ確率が高いことをよく理解して、咳などの症状が出ている場合は一刻も早くお医者さんに診せましょう。

肺炎の予防法は?

ウイルスによる肺炎は、ワクチンを接種することによって予防できます。
普段過ごしているケージや寝床、室内をこまめに掃除して、清潔な環境を保ちましょう。
そして何よりも猫ちゃんがストレスを感じずに、のびのびと暮らせるように心がけることが大切です。