横隔膜ヘルニアの症状

  1. /
  2. /
  3. 横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアの症状とは?

横隔膜ヘルニアは、胸とおなかを隔てる横隔膜が破れて、その穴からおなかに収まっている消化器などの臓器が胸の方へ入り込む病気です。

横隔膜ヘルニアはケガなどが原因で起こる場合と、先天的に起こる場合がありますが横隔膜ヘルニアになる原因で最も多いのが、交通事故によるものです。
車にぶつかった衝撃で横隔膜が破れてしまい、横隔膜ヘルニアになります。

先天性のものは、お母さんのおなかの中にいるときに、横隔膜がうまく作られなかったり、横隔膜とそのすぐ隣にある心臓を包む膜(心嚢膜)がつながってしまったりした場合に、発症します。

横隔膜は非常に薄いドーム状の膜で、息を吸ったり、吐いたりするのを助けています。
そして横隔膜の下の腹部には、内臓がぎっしりと詰まっています。
つまり胸部は広々とした空間がありますが、その下の腹部には臓器がぎゅうぎゅう詰めになっているので、胸とおなかを隔てる横隔膜が破れると、おなかにぎゅうぎゅう詰めの内臓が、胸部へ押し出されてしまうのです。
そして胸部へはみ出た内臓が肺を押しつぶしてしまいます。

このため横隔膜ヘルニアになった猫は、呼吸困難を起こす、運動をしたがらないなどの症状を起こします。また吐く、下痢をするといった消化器のトラブルを起こすケースもあります。

ヘルニアの症状は、破れた穴の位置や大きさ、胸部にはみ出した内臓の種類などによって症状が異なります。
小さな穴の場合は症状がほとんど現れないこともあります。
しかし大きな裂け目ができている場合はおなかの内臓がどんどん胸部へ移動して肺や心臓を圧迫するので危険です。
また、消化器が狭い穴に入り込んで肝臓が圧迫されて、肝機能障害を起こすこともあります。

先天性の場合は生まれたばかりでは症状が現れず、気がつかないこともありますが、発育状態が悪い、呼吸困難を起こすなど発育するに連れて症状が重くなっていくのが特徴です。

横隔膜ヘルニアの治療法は?

交通事故等が原因の場合は、外科的手術によって胸部にはみ出た内臓を元の位置にも戻し、破れた横隔膜を縫いあわせます。
交通事故による重症ですから、骨折や他の内臓へのダメージなどもありとても危険を伴う大手術となりますが、一刻も早い手術が必要です。

先天性の場合は横隔膜が破れているのではなく、横隔膜そのものが存在しないこともあるため、手術でうまく治療ができないケースが多くなります。
このため肺機能が正常に働かない、臓器同士が癒着して手術が行えない場合も少なくありません。

外傷、先天性いずれの場合でも、横隔膜ヘルニアは死亡する確率が非常に高い病気です。

横隔膜ヘルニアの予防法は?

先天性の場合は予防は非常に困難です。
ですがケガが原因の横隔膜ヘルニアは、外に出さないようにして交通事故を防ぐことが最も有効な予防法となります。