袋のカサカサ音で遊ぼう

  1. /
  2. /
  3. 袋のカサカサ音で遊ぼう

袋を好きな理由、遊ぶ際の注意点

猫が好きなものの一つに、ビニールなどの音の鳴る素材の袋があります。
飼い主が置いておいた袋の中にいつの間にか入り込んでしまっているというのは非常にありふれた光景であり、ビニール袋一つでいつまでも遊んでいたということもあるものです。

敏感な聴覚を持った猫ですが、本能的に好む音と好まない音とがあります。
猫は動くものに反応しやすいという性質があるので、ビニール袋カサカサ音は自分の動きに反応して音が鳴るので安心感を得やすいということがあるのでしょう。

また袋を足でいじったりしたときに形が変わるというのも、獲物を相手にしているかのような感覚があるので、触れることを楽しく感じるのでしょう。

ちなみにビニール袋が猫に好まれる理由としては音の他に、ビニール袋内の保温性や、内部から外が見えるという安心感が挙げられています。

しかし一方で気をつけなくてはいけないのがビニール袋の誤飲です。
ビニール袋で夢中になって遊んで入るうちに噛みちぎってしまうということも多く、それをそのまま飲み込んでしまうという猫もかなりの数が見られます。

ビニール袋は体内で消化されることがありませんので、大量に飲み込んでしまうと胃腸の一部を詰まらせてしまい、生命の危険もあります。
猫がビニール袋で遊んでいたら噛み付いていないかということを良く見て、危険がないように配慮をしてあげてください。

猫の嫌いな音もあります

ビニール袋のカサカサ音が猫の好む音なら、反対に猫が本能的に嫌う音もあります。
猫が嫌いな音としては「大きな音」「低い音」「金属的な音」などです。

よく猫は男性よりも女性になつくと言われていますが、これは男声の低さを好まない猫が多いためです。
また子供など急に大きな声を出す人を嫌う傾向もあり、全体的に大きな音が常にするような環境は大きなストレスを感じることになってしまいます。

猫がストレスなく生活できるように、できるだけ静かな場所で飼育してあげてください。