スフィンクスの性格は?

  1. /
  2. /
  3. スフィンクスの性格は?

珍しい毛のない猫「スフィンクス」

映画の中に出てくる違う星の生き物みたい?なんていう人も入るくらい、不思議な肢体を持っている猫、それがスフィンクスです。
何が不思議なのか?というと、この猫、無毛、毛がない猫なので非常にユニークな印象となります。
ただ無毛といってもまったく毛がないということではなく、よく見ると産毛が生えていることがわかります。

体の先端にも短い毛がうっすら見えるので、まったく毛がないというのは間違いです。
毛がほぼない猫なので、触ると猫というイメージよりもしっとりした感覚があり、非常に気持ちがいいさわり心地を持っています。
ただし、毛に守られていないという特性がゆえに肌に傷がつきやすいですし、紫外線にも弱いという猫です。

耳が大きくて、そう、あのスフィンクスのよう

無毛である(実際には無毛じゃない)ということのほかに、この猫は耳が非常に大きく更に顔の骨格もほほ骨がとても高い位置にあり、ほほのくぼみも実にはっきりしているので、印象が深く残ります。
じっと見つめられているとどきどきしてしまうような、そんな目地からも感じるのです。

目が丸いというよりもレモン型で、顔にも非常にたくさんの特徴があります。
毛がないことで猫アレルギーの人も飼えるのでは?と思う人もいるようですが、猫アレルギーの原因は毛ではなく、Feld1という猫特有のたんぱく質にアレルギーを起こすのです。
その為、無毛だからとスフィンクスを飼っても、猫アレルギーの人はアレルギーを起こします。

性格は猫らしい、しかも人見知りも少ない

ぱっと見て不思議な印象で近寄りがたいという人もいますが、スフィンクスは好奇心旺盛で遊びが好き、人と一緒に遊ぶのも大好きです。
人見知りも少なく、猫が苦手なお子さんでも大丈夫、猫には珍しくほかの動物にも興味津々、慣れ親しみやすいといいます。

猫はもともと好奇心旺盛でどこにでも行きたがるので、放し飼いにしているというご家族もいますが、スフィンクスに限っては放し飼いは絶対にNGです。
毛がほぼないので怪我をしますし、紫外線にもやられてしまうので弱ってしまいます。

スフィンクスは突然変異で生まれた

スフィンクスはエジプトの猫?と思われていることもありますが、スフィンクスという名前でそう思われているだけで、生まれはカナダ、トロントです。
生後2週くらいのスフィンクスロングヘアという名の猫からたびたび生まれていた無毛の猫、その猫とデボンレックスという猫と交配させて作られた猫になります。

生まれたのがカナダということもあり、カナディアン・へアレスと呼ばれ手入ることもあり、スフィンクスという名は交配された猫、スフィンクスロングヘアからとられたもののようです。