スコティッシュフォールドの性格は?

  1. /
  2. /
  3. スコティッシュフォールドの性格は?

スコティッシュホールドの歴史を知りたい

愛らしい姿が印象的なスコティッシュホールドはなんといっても折れた耳が特徴的です。
このスコティッシュホールドという猫がどうやって誕生したのか?これを知りたいという人も多いと思います。
スコティッシュホールドが生まれたのはスコットランド、ここに農場で飼われていた猫が期限といわれているのです。

スージーという名のつけられたこの猫は、同じ生まれの兄弟たちとは違う容姿を持っていたといいます。
それは、猫らしいピンとなった耳ではなく折れ曲がった耳を持って生まれ、そのままに成長したのです。
このスージーの子供の中にも、また折れたままの耳で成長する子がいて、飼い主夫婦は「遺伝的なもの」だと理解します。

そこでこのかわいい遺伝を持った猫を広めようとブリティッシュショートヘアと掛け合わせ、そこで耳が折れた白猫が誕生したのです。
この後、遺伝学者のニール・トッド氏が研究を重ね、アメリカンショートヘアと交配をさせたことで現在につながるスコティッシュホールドが生まれたとされています。

しかしこの折れ耳は、劣勢遺伝的なのという見解から、猫協会の中でもGCCFなどの協会からは認定されていないのです。
見た目に大きな特徴があり、人気がある猫なので、認定されない教会があっても飼い猫として愛らしいのですから問題はないと思います。

犬みたい?甘えるし従順な性格を持っている

猫というとクールな印象がありますが、スコティッシュホールドは非常に人懐こく、甘えん坊です。
甘えるのが好きで見知らぬ人にも擦り寄っていくような子もいます。
猫が苦手という人も、この人懐こさと甘え上手ですっかり骨抜きにされてしまうというほどです。

誰にでも擦り寄っていくので、お客様この猫のファンになってしまいます。
ただ飼い主さんには従順ですし、やはり区別をつけているようです。

見た目にも耳が折れて丸い目、丸っこい顔を持っているため愛らしく、その上ペッタリ甘えてくれるのですから、この猫のファンはとても多くなっています。
ただ、非常に甘えん坊な性格を持っているので、飼い主さんにかまってもらえる時間が少なくなると、ストレスを感じ精神的に不安定になる子が多いのも困り者です。

ちょうどいい大きさの猫、だから飼いやすいともいえる

スコティッシュホールドは平均して押すが3kgから6kgくらいで、メスが2.5kgから5kg以下くらいといわれています。
一般的な猫と同じくらいの大きさで、飼いやすい猫です。

甘えてくれる猫で人懐こい性格を持っているので、初心者の方にも飼いやすいといわれています。
猫は犬よりも遊びが好きで常に鎌ってほしいという個体も多いですし、スコティッシュホールドのように甘えん坊の子の場合、猫の気持や行動を理解し過ごすことも、猫の健康を守ることにつながることです。