ラグドールの性格は?

  1. /
  2. /
  3. ラグドールの性格は?

ラグドールはぬいぐるみという意味・・とにかくかわいすぎる猫

ぬいぐるみという名称を持つにふさわしいもこもこふわふわの毛並、それに美しい瞳、ラグドールは何をとっても名前に負けない猫だと思います。
歴史を見てみると、そのツールがはっきりしていないのですが、ペルシャ猫をバーミーズタイプ、またバーマン対応を交配したと記録されているようです。

ただこの交配を行っていたブリーダーが作出した猫について血統登録を行わず、新しい団体を水から作ってしまったことで、有名な猫の血統団体に認定されることがなく、あまり外部に知られることがない猫となってしまったといいます。
1970年代になって、この猫のブリーダーの一部の方々がこの団体を離れたことで、登録にいたり、やっと認定されたという猫なので、古くからいた猫ですが、あまり知られていないのです。

長毛種でどっしりした猫「ラグドール」

サブスタンシャルタイプ、長毛で胸板が熱く、非常にがっしりした体を持っています。
足が大きく丸くなっているところもチャーミングで、ふわふわした長いしっぽも特徴的です。
成猫は5キロくらいから9キロとかなり大きく、個体によっては10キロオーバーとなる子もいます。

毛色の特徴としてはポインテッドで、シャムのような毛色といえば想像がつく毛色です。
ポインテッドのほかにも、ミテッド、バイカラーという三つのカラーの種類があります。
ミテッドはポインテッドとよく似ているのですが、足先が白くまるで靴下を履いているようなキュートさを持っている猫です。

ラグドールの顔は丸いマズルが印象的

目の色が美しいサファイアブルーでそこに目が行ってしまいがちですが、ラグドールはマズルが丸いところも特徴的でチャーミングな点になります。
耳の大きさはちょうどいい大きさで、非常に美人さんです。

じっと首をかしげつつ見つめられると、こっちがテレしまうくらいにきれいな猫で、甘えん坊な面を持っているので、非常に愛される猫といわれています。
瞳も耳も口元もキュートです。

ラグドールの性格は?

ラグドールはかなり大きな猫ですが、温和でおとなしく優しい猫といわれており、飼い主にとても従順で飼いやすい猫になります。
抱きあげると、力を抜いてだらりとなる個体が多く、これは猫にとても珍しい特性です。
そのため、この従順性を見て専門家は遺伝的に突然変異を起こした猫なのでは?という方もいて、それくらいに飼い主に対してストレスなく体を預けてくれるかわいい猫といわれています。

だらっと抱っこされるラグドールをみると、まさしく人形、ぬいぐるみのようです。
力を完全にぬいて抱っこさせてくれる猫は珍しいので、このラグドールを飼いたいという人はとても多いといいます。