マンチカンの性格は?

  1. /
  2. /
  3. マンチカンの性格は?

足が短くキュートな猫マンチカンのルーツとは

1983年、アメリカのルイジアナ州で見つかった野良猫は、その時トラックの下でブルドックから逃げようと隠れていたところだったのですが、音楽教師のリンダという女性に助けれます。
彼女はこの猫を自分で飼うことにして、ブラックベリーという名をつけてかわいがり、やがてブラックベリーは赤ちゃんを産んだのです。
すると、そのうち、半数が見事な短足、そのうちの1匹を友人に譲ります。
友人はトゥールーズという名をつけたのですが、このトゥールーズとリンダの飼っていたブラックベリーがマンチカンのルーツです。

短足で有名な犬は昔から日本でも知られていて、特にダックスフントは古くから日本でもペットとしてかわいがられてきた犬種になります。
その後、コーギーなどが登場し、短足犬は日本でも注目されていたのですが、マンチカンのように猫の短足さんは、珍しく、そのかわいい顔が一気に人気となり、今は日本でも手に入れるのが難しいといわれるくらいに人気のある猫です。

ダックスフントと同じように背中が弱い?

足が短い動物、イコール必然的に胴が長くなる動物は多くが脊柱の障害を持っていたり、慢性疾患となってしまうことが多いといいます。
ダックスフントやコーギーも、やはり背中が弱く、階段等も苦手であまり負担を掛けることをしないようにとされているのです。

となると短足ちゃんのマンチカンも?と思う人も多いと思います。
勿論普通の猫よりも弱点となると思いますが、ダックスフントのように基本的に脊柱が弱いということもなく、慢性疾患を持っている子も少ないといわれているのです。
ただ、軟骨の成長が不完全ということは確かなので、変形性関節症にならないようにという配慮は必要だという専門家もいるといいます。

マンチカンの性格は陽気で元気いっぱい

マンチカンは短足で筋肉質、セミコビータイプの猫なので、見た目よりもずっと運動が得意ですし、その短い手足を器用に操り、木登りだってこなすのです。
元気いっぱいで茶目っ気も多く、非常に陽気な性格を持っています。

また甘えん坊でその短い前足を飼い主さんの膝にちょっとのせて抱っこして?という顔を見せられると、何か作業をしていてもついつい遊んであげたくなるという人も多いようです。
よく動き回るので、見ていて楽しい猫ですし、元気いっぱいでいつも癒しをくれます。
ブラッシングを1日1回行うこと、長毛種の場合には、朝晩ブラッシングとコーミングを行い、被毛が絡まらないようにしてあげることが大切です。

見た目がとてもかわいく、ちょこちょこ歩くような姿が何ともいえないチャーミングな猫になります。
飼いやすい猫なので初心者の方にもお勧めです。