メインクーンの性格は?

  1. /
  2. /
  3. メインクーンの性格は?

穏やかな巨人?メインクーンは猫界最大の猫

ギネスにも記録として乗っている猫、世界最大の猫品種とされているのがメインクーンという猫になります。
ギネス記録となっている猫はなんと、123㎏あるということなのでそのサイズの大きさが想像できないくらいです。
ふさふさの毛が美しく、かなり大型の猫なので、本当に猫?というくらいに大きさを感じます。

大きい猫が好きという人はやはりメインクーンを飼いたいという人が多いのです。
大きいのですが、運動もしっかり行う猫なのでじゃれつかれると疲労するということもあります。
大きくて凛々しく感じる見た目とは違い、非常に甘えん坊です。

でも独立心を持っている猫なので、そっとしておいてほしい時にはクールでおもちゃで人間が遊ぼうとしても無視されることもあります。
温和で優しい猫ですが、非常に気まぐれという猫らしい一面を持っている猫です。

飼い主は友達?同士なのだ!

通常猫は飼い主さんには飼い主として接するのですが、独立心の強いメインクーンは友人、対等という態度を取ってきます。
飼い主としてはむっとすることもありますが、ここはメインクーンという猫の特性と理解し、友人として接してあげる事が重要です。

非常に賢い猫なので飼い主がペットとして扱うとそれを悟り、ペットじゃない友人だという態度を見せつけてくる子もいるといいます。
勿論噛んだりすることはしないのですが、対等の立場なんだからとすねてみたり、読んでも知らんぷりするなど、賢く「友人」を強調してくるのです。

ただ友人として信頼関係を結ぶと、非常に忠実でいうこともよく聞きますし、非常にかわいい猫になります。
しつけもしやすく、賢いので飼い主さんが言うことをしっかり理解して答えてくれるのです。

環境に適応する能力も高い猫で、協調性も持っている優しい個体が多く、小さい子供がいても嫌がることがないので小さいお子さんがいるご家庭でも安心して買うことができます。
また犬等の先住動物がいても、その動物を強調し合う事ができる猫なので、神経質になってスプレーするなどの行為もしない子が多いようです。

カラーは多く被毛ももさもさ

カラーはホワイト、ブラック、レッド、ブルーなどとにかく沢山のカラーが認定されています。
特徴的なもさもさの被毛は特に、首回りと腹部に多くなっており、分厚く耐水性も十分な被毛です。
冬非常に寒くなる北アメリカで歴史を築いてきた猫なので、こうした特性のある被毛に案っているといいます。

目の色はブルー、グリーン、ゴールドなどいくつかが認定されているようです。
とにかく大きくて世界最大と呼ばれているように、大きさにびっくりする人が多いのですが、温厚で優しい性格を持っているので飼いやすい猫です。