猫が喜ぶおやつをあげよう

  1. /
  2. /
  3. 猫が喜ぶおやつをあげよう

おやつの最適な与え方、注意点

猫は食べることが大好きな動物であることから、しつけや一緒に遊ぶ時におやつを使うととても便利です。
おやつは普段の食事とは別に食べる食品のことで、市販品として多くの製品が販売されています。

猫用おやつとして販売されているものは「ささみジャーキー」や「ちゅ~る」「またたび加工品」などが代表的です。

「ちゅ~る」はいなばペットが販売している独自の製品ですが、猫のおやつとしては大ヒット商品として知られているので一度は購入して与えてみるとよいでしょう。

猫のおやつは必ずしも必要なものではありませんが、与えることにより飼い主とのコミュニケーションがとりやすくなったり、一時的に移動をさせたりするときに役立ちます。
現金なようですが、猫は自分に快適な環境を与えてくれる人を敏感に察知して仲良くなってくる動物なので、ぜひおやつで飼い猫とのコミュニケーションをとってもらいたいです。

しかし、おやつの中には非常に高カロリーであったり栄養分が偏ったりするものもあるので、1日あたり与える分量はしっかり管理する必要があります。
ついつい与えすぎてカロリー過多になってしまい肥満になる猫も多いので、与える場合はきちんと分量を決めておくようにしましょう。

猫におやつを与えるタイミング

猫におやつをあげるタイミングとしては、食事と食事の間くらいの時間帯が最もよいとされています。
これは食前に与えてしまうとその後の主食をあまり食べなくなってしまうためです。
あくまでも毎日の食事は主食がメインであり、おやつは時々食べるものというスタイルを崩さないようにしましょう。

回数としては1日1~2回くらいで、しつけのご褒美として与えるようにすると、子猫のうちなどはとても重宝します。
分量についてはどのようなペットフードを主食にしているかにもよりますが、だいたい1日に必要なカロリー量の1~2割くらいに留めておくのがベストです。