好みを見つけよう!キャットフードの選び方

  1. /
  2. /
  3. 好みを見つけよう!キャットフードの選び方

キャットフードの与え方、選び方

猫の食生活管理をしていくためには、まずキャットフードについて基本的な知識を備えることが必要です。

キャットフードは全国のペットショップやホームセンターなど多くの場所で取扱されていますが、どのメーカーの製品も特定の種類に分類されるようになっています。

キャットフードとして販売されている製品の裏側を見ると必ず「総合栄養食」「一般食」「おやつ」といったような分類が書かれています。

具体的に「総合栄養食」というのは、猫の主食となる食べ物のことです。
「一般食」は栄養を補うために与える副食、「おやつ」は食事とは別にご褒美やしつけなどのために与える食品として位置づけられています。

ですので知らずに「一般食」を普段のエサとして使用していると、栄養バランスが偏ってしまうために、知らずに内臓の病気を発症してしまう危険性があります。

まずは毎日のエサのメインとして使用する「総合栄養食」をきちんと探して、与えるようにするということが基本です。

価格の違いは主成分によって異なります

キャットフードは市販品を比べてみると非常に高額なものがある一方、びっくりするほど安く販売されているものもあります。
この価格の違いはどこにあるかというと、原材料として使用されているタンパク源が大きく関係しているのです。

猫はもともと肉食獣なので、主食としてタンパク質が多く必要になります。
ペットフードとして使用されているタンパク源は大きく「肉」と「魚」の二種類からとなっていますが、この材料にどういったものを使用しているかにより価格が大きく変化してきます。

安いペットフードで使用されている肉類は「肉副産物」と言われる、本来廃棄される部位を用いたもので、粗悪なものになると家畜の死骸なども使用されているのです。

高額なペットフードは新鮮な素材を無添加で製造しているなど、きちんと理由があって高額になっているので、フード選びは慎重に行うようにしてください。