猫の喜ぶ食事タイムを作ってあげる

普段はツンケンとしているように見える猫も、エサをあげる時間の頃合いを見て飼い主さんにすり寄ってくるということがよくあります。
猫を飼っている飼い主さんにとっては「現金なやつだなあ」と思える反面、そんなふうにエサを楽しみにしてくれる猫を見るのが楽しいということもあるでしょう。

元来肉食獣としてエサを狩ることを生活の一部にしている猫にとっては、毎日の食事の時間はとても大きな楽しみになります。

しかし一方で、近年問題になっているのはペットの生活習慣病です。
ペットに対して十分な知識がないまま飼育を開始することにより、必要な栄養バランスを保っていない食事を与えてしまい、それが元で内臓疾患になってしまうというケースも多く見られています。

また市販されているキャットフードの多くは非常にカロリー量が高く、与えすぎてしまうことにより肥満になってしまうということもあります。

どういった環境で生活をしているかにより必要なカロリー量も変化をしてくるので、猫の体質を見ながら食事管理をしていくということが必要になってくるでしょう。

猫への食事の基礎知識について、以下の項目でまとめて説明しています。
猫を飼育していくにおいてとても重要なことなので、ぜひ一度読んでみてください。

*好みを見つけよう!キャットフードの選び方
*猫が喜ぶおやつをあげよう
*食事の時間や量はどうやって決める?
*食べ過ぎてしまった時の調整方法
*高齢猫への食事の与え方

人間の残り物を与えてはいけない理由

昔は猫を飼育している家庭で人間の食事の残り物を与えるということがよく行われていました。

いわゆる「ねこまんま」と言われるもので、ご飯におかずや味噌汁の残り物をぶっかけてそれを食べさせるという方法ですが、これは猫にとっては非常に危険な食生活と言えます。
というのも、人間の食事は猫など動物にとっては非常に塩分が高く、健康を害す可能性が極めて高いからです。