トイレのしつけを猫に教えるには

  1. /
  2. /
  3. トイレのしつけを猫に教えるには

トイレの場所を覚えさせる

猫は決まったトイレで排泄をする習性があるので、トイレのしつけがしやすい動物です。

トイレの場所を覚えたら次も同じ場所を使うので、まずはトイレの場所を覚えさせましょう。
トイレはおちついて用が足せるように、部屋の隅っこや家具の影など、人があまり通らない場所がおすすめです。

トイレの場所を覚えさせる効果的な方法は、猫をトイレに入れ、前足でトイレの砂をかかせて砂のニオイを覚えさせることです。
数回繰り返すと、すぐにトイレの場所を覚えてくれますよ。

猫は生後3週間頃から、自分でトイレに行こうとします。
この時期にトイレを覚えさせるのがベストタイミングです。
遊びを止めて床の匂いを嗅ぐなど、トイレの場所を探すような行動をするなど、トイレに行きたいというサインを出しますから、そのタイミングでトイレに連れて行ってください。
このほかにも寝起き・食事の後にトイレへ行くケースが多いので、猫の行動をよく観察してトイレに連れて行きましょう。

自分で用が足せたら、しっかりと褒めてあげてください。
もし、失敗して他の場所で粗相をしても、決して叱らないでください。
怒鳴ったり、怒ったりしても効果はありません。
できれば褒める、これがしつけの鉄則です。
そして、カーペットなどに排泄物の匂いが残っていると、またその場所で粗相をすることが多いので、匂いが残らないように洗剤などできれいに拭き取りましょう。

トイレを使わない猫への対処法

なかなかトイレで用を足してくれない場合は、砂が気に入らないのかもしれません。
砂を変えてみましょう。

砂を変えるときは、以前に使っていた砂を混ぜるといいと言われていますが、固まるタイプのものから、固まらないタイプのものに変える場合など、それが難しいことがあります。
このような場合は、今まで使っていたトイレの隣に、新しい砂を入れたトイレを設置して、新しいトイレを使うようになったら、古いトイレを片付けるようにしましょう。

ただ、古いトイレを片付けた後に、猫がトイレを使わない場合は、トイレを我慢していることもあります。
長時間我慢をすると膀胱炎になることがあるので、危険です。
このような場合は、すぐに古い砂の入ったトイレを用意しましょう。

トイレの場所が気に入らないときも、うまく用を足してくれません。
落ち着けそうな場所にトイレを移動させてみましょう。
飼い主にじっと見られているので、落ち着けないということもあります。
猫がトイレをしているときは、なるべく無関心なふりを装って、そっとしておいてあげてくださいね。

猫は清潔好きで、汚れたトイレは使ってくれない事もあります。
トイレはこまめに掃除して、いつも清潔に保っておく事が大切です。