家出してしまう脱走癖

  1. /
  2. /
  3. 家出してしまう脱走癖

脱走癖のしつけ、対処方法

室内で猫を飼育している人あるあるとして「突然の脱走」があります。
猫は非常に柔らかい体と優れたジャンプ力を持っているので、まさかと思っているような狭い隙間であっても、そこからするりと抜けて出ていってしまうことができます。

とはいえ猫は基本的に自分の縄張り内だけで生活をすることを好む動物であることから、室内での生活に飽きて新天地を求めて脱走するというケースは決して多くありません。
むしろ何らかの事情があって衝動的に脱出をしてしまい、そこから戻ってくることができなくなってしまったというようなケースが多いようです。

飼い猫にも脱走しやすい猫とそうではない猫とがいます。
脱走しやすい猫としては、以前まで野良猫として屋外で生活をした経験がある猫です。

子猫の時期のわずかな期間だけでも屋外で生活をしたことがあると、その時の記憶からもとの住処に戻りたくて脱走をするということがあるようです。

また近所に多くの野良猫が生活しており、窓からその様子が見えたりすると、つい自分も猫集会に参加がしたくて脱走してしまうということもあったりします。

猫に脱走しないようにしつけるというのはなかなか難しいことなので、脱走しにくい環境をしていくということが大切になってきます。

まずよくあるのが、ドアの隙間や窓を開けた瞬間に逃げるというケースです。
網戸の隙間に体をねじ込んで逃げるということもあるので、できれば猫の暮らす部屋の窓には細かいゲートなどをつけておくようにしましょう。

ドアも同様で、人が入ってきた瞬間に出ていかないように二重構造にしたり、玄関にゲートをつけたりといった対策が必要です。

脱走した猫は早めに探す

仮に猫に脱走されても、いきなり何キロも先に行ってしまうということはまずありません。
近所をうろついて数日したら何事もなかったかのように自宅に戻ってきた、なんていうこともあったりします。

しかし日数が経つごとに発見は難しくなるので、早めに迷い猫として届け出を出し、保健所で捕獲されたらすぐに連絡が来るようにしましょう。