消臭対策用品の種類、使い方

猫を飼育していると、どうしても避けられないのが臭いです。
ペット禁止としている賃貸物件が多いのもこれが原因で、一度猫や犬を飼育すると室内になかなか消えない臭いがついてしまうことになります。

ただし猫の臭いの主な原因となっているのは猫そのものの体臭ではなく、トイレの糞尿の方です。
意外かもしれませんが猫そのものはほとんど体臭がなく、近づいても獣臭いような不快感を感じることはありません。

猫はトイレのあとに自分の糞に砂をかけて隠すことでよく知られていますが、これは自分の臭いがついているものを残しておくことで、他の動物から自分の居場所を知られることを隠すためです。
しかし室内に猫トイレを入れている場合は、気密性が高い場所であることから、糞尿の臭いが残りやすくなってしまいます。

またオス猫の場合は発情期が近くなると自分の臭いをむしろ残しておく習性が出てくるので、トイレ以外の場所にスプレーで尿をふきつけたりします。
最近の猫砂は性能が高くなり糞の臭いをすばやく消してくれますので、臭いの大半はこの尿がもとになっていると言ってもよいでしょう。

猫の糞尿の臭いを消すときには、芳香剤など別の臭いがするものを置いてもほとんど効果はありません。
むしろ複数の臭いが混ざりあってしまうことで、人にも猫にも不快な臭いになってしまうこともあります。

ですので、ペット用として販売されている専門製品を用いるようにするのがよい方法です。
ペット用消臭剤にはいくつかのタイプがありますが、いずれももしペットが舐めてしまってもそこから病気になる危険性が少なくなっています。
また、ペットの糞尿に多く含まれる成分を分解する作用を持っているため、室内の糞尿臭に効果的です。

トイレの交換はこまめに行う

消臭剤を用いるのも有効ですが、一番よいのは臭いの発生を抑えるということです。
そのためにはこまめにトイレの砂を交換し、尿がもれないようにシートなどでカバーしておきましょう。

オスの場合は早めに去勢しておくことで尿スプレーを防げるので、細かい予防対策をとっていくようにしてください。