毛並みを整えるために大切なブラッシング

  1. /
  2. /
  3. 毛並みを整えるために大切なブラッシング

ブラッシングの方法、メリット

猫の毎日のケアでぜひやってもらいたいのがブラッシングです。
なかなかなつきにくい猫であっても、ブラッシングを楽しみに人間に近づいてくるという事はよくあります。

スフィンクスなどごく一部の猫種を除き、猫は全身を被毛で覆われているので、室内で飼育をしていると部屋中に猫の抜け毛が落ちていってしまいます。
そこで毎日のケアとしてブラッシングをしてあげることにより、抜け毛の数を減らすことが可能です。

特に長毛種の場合は抜け毛が目立ち、また毎日の運動で毛玉ができやすくなってしまいますので、ブラッシングの必要性はさらに高くなります。

ブラッシングを丁寧にやってあげることで皮膚へのマッサージ効果もあるので、皮膚炎を防ぎ血行をよくする健康増進にもつながります。

猫用のブラッシング製品としては「獣毛ブラシ」「コーム」「ラバーブラシ」「ピンブラシ」「スリッカーブラシ」などがあります。

日本猫などの短毛種であればラバーブラシのような目の荒いタイプのもので十分です。
ペルシャ猫やラグドールなどのふわふわの被毛が大量にある猫の場合は、コームなどで丁寧に梳かしてあげてください。

方法としては先に目の荒いラバーブラシや獣毛ブラシでざっと体表の抜け毛を取り除き、それからスリッカーブラシなどで適時伸びすぎた毛を刈っていきます。
目の細かいコームは仕上げとして使うようにして、無理に毛玉を引きちぎるほど強い力を加えないようにしていきましょう。

毛の長さにより頻度は変わります

猫へのブラッシング頻度ですが、どのくらいの被毛があるかにより必要な回数が変わってきます。
一般的には短毛種は1週間に2~3回程度、長毛種はできるだけ毎日行うことが望ましいでしょう。

特に春先と秋口は、季節の変わり目の毛が生え変わる時期なので、抜け毛が大量に発生します。
ですので普段よりも丁寧に時間をかけて、抜け落ちた毛をきれいに取り除いてあげるようにしてください。